体験

イベントレポート後編【高知×栃木】地方で活躍する若手3人に聞く!トークセッション&合宿 in 那須烏山 ~ 僕らが地方で挑戦する理由 ~

こんにちは。

2月2日、3日【高知×栃木】地方で活躍する若手3人に聞く!トークセッション&合宿 in 那須烏山 ~ 僕らが地方で挑戦する理由 ~を開催いたしました!

大変遅くなりましたが、合宿イベント2日目(後編)のレポートになります!

前編はこちら➡イベントレポート前編

前日の交流会も盛り上がり、明け方まで話していた参加者さんもいたようですが、皆さん8時からの朝食までには起床。さすが、若い!(私は深夜2時までが限界でした。)ちなみに講師の矢野さんも明け方に寝た組のお一人。少ししか寝ていないのにその後の講座もばっちり進めてくれました!
それでは、そんな矢野大地さんの講座が中心の合宿二日目を振り返ります。

二日目(後半)もくじ

 ■矢野さんによる情報発信+事業づくり講座

 ■参加者全員で振り返り

 ■写真撮影+その後自由に交流会

 ■COトラック 生き方図鑑の取材

 ■まとめ

■矢野さんによる情報発信+事業づくり・複業講座

二日目は矢野さんによる情報発信+事業づくり・複業講座からスタート。
また、一日目に登壇者としてお越しいただいた小泉君も二日目も引き続き参加してくれました。

情報発信の講座では、矢野さんが今までに行ってきた情報発信について、ご自身の経験を踏まえてお話していただきました。
東京から高知県へ移住した有名ブロガー「イケダハヤト」さんの最初の書生でもあった矢野さん。ご自身のブログはもちろん、その後は他のメディアの運営などもされています。情報発信の可能性や気をつけることなどをお話してくれました。

また、SNSの活用についても話していただき、それぞれの特徴や特性から、それらの活用方法などを話していただき、矢野さん自身もうまく使い分けているのが伺えました。
話を聞いて、ターゲット(どんな人に向けて発信するか、どんな人に読んでほしいか)を考えることも大事だなと改めて感じました。

※矢野さんのブログ➡自由になったサル 
 Twitter➡https://twitter.com/123Vaal

休憩をはさんで事業づくり・複業講座へ。
NPO法人ひとまきの代表を務める矢野さんですが、NPOの活動以外にも多数の事業を回しています。
狩猟、ブログ運営、メディア運営、オンラインサロン運営、まちづくりコンサル、講師・講演活動、などなど。
複数の生業(なりわい)を持って田舎で生活している矢野さんの話に参加者の皆さんも真剣に耳を傾けていました。
数々の事業をつくってきた矢野さん、やはり、実際にやっている人の話は説得力が圧倒的に違います。
実践者から発せられる言葉には重みがあると私も改めて思いました。

「事業をつくる」という経験をしたことがある人はあまりいないと思います。私もそうです。
矢野さんの講座の中では、一人一人に紙に書いて事業づくりについてのコツや考え方を実践形式で教えてくれる一コマもありました。
また、ここでは具体的な数字は伏せますが、矢野さんの月商も教えてくださいました。貴重な機会!

参加者の皆さんからは質問もたくさん上がり、学びの多い時間となったのではないかと思います。

■参加者全員で振り返り

矢野さんによる講座のあとは、参加者全員で振り返りを行いました。
皆さんにひとことずつ、この二日間で印象に残ったことや率直な感想、これからどんなことをしていきたいかなど、自由に発表してもらいました。
みんなの前で話すこと自体も勇気がいることですが、みなさん、しっかりと自分の言葉で感想や意見を言ってくれて、私もとても嬉しかったです。講師の矢野さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

■写真撮影+アンケート記入とその後の交流会

二日目も最後に全員で写真撮影!二日間参加してくれた皆さん、二日目のみご参加の皆さんも、本当にありがとうございました。

また、イベント終了後も大木須の地域の方が用意してくれた「ほうとう」をみんなで食べながら交流。
自然と参加者さん同士で交流が生まれていて、私も嬉しかったです。
みなさん、それぞれの考え方や価値観を持っていると思いますが、何かしら思うところがあって今回のイベントに参加してくれたわけで、話が盛り上がったかと思います。

■COトラック 「次世代生き方図鑑」の取材

イベント終了後、矢野さんと大堀さんは残ってCOトラックの目的の一つである「次世代生き方図鑑」の取材を行っていました。
各都道府県で一人(一家族)ずつ取材をされていたお二人。
栃木県では、会場である「ほたるの里の古民家おおぎす」の事務局長を務める大貫いさ子さんへ取材されていました。
次世代生き方図鑑の栃木県のページには大貫さんが掲載されますよ~!!
↓ 矢野さんのTwitterから。

大貫さんも「なんで私なの?」とびっくりした様子でしたが、この「次世代生き方図鑑」は、いろいろな生き方をしている人を取材し、生き方に悩んでいる人たちの選択肢や視野を広げるために作成するということなので、様々な世代、多様な職業の人を取材したかったということ。
大貫さんの大木須に関わるようになってからはもちろんですが、それまでどんな人生を歩んできたのか、ぜひ多くの人に読んでもらいたいです。

矢野さん自身が狩猟で捕らえて、なめした鹿皮を大木須の川野辺会長と事務局長の大貫さんへ説明されていました。狩猟のご経験がある川野辺さんも興味深そうにお話されていました!

また、大貫さんへの取材をしているときの矢野さんと大堀さんの真摯な姿も印象に残っています。
二人とも、連日イベントや移動続きで大変お疲れだったと思いますが、真摯に向き合い、丁寧に話を聞く姿勢は私も見習おうと思いました。次世代生き方図鑑の完成、楽しみにしています!
私のところにも送られてくるので、届きましたらこちらでもお知らせしたいと思います。

軽トラハウスをバックに、笑顔で応えてくれた矢野さんと大堀さん。若さや勢いだけではない、真摯な姿勢も印象的な気持ちのいいお二人でした!

 

■まとめ(お礼)

 参加してくれた皆さん、講師の矢野さん、一日目の登壇に続き二日目も残ってくれた小泉君、他の講演も入っていた中駆けつけてくれた濱野君、ゲストなのにたくさんお手伝いしてくれた大堀さん、運営に協力してくれた同僚の田中君と市田さん、NPO法人クロスアクションのメンバーの皆さん、大木須の地域の皆さん、大貫さん、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワークの古河さん、まちづくり課の職員さん、その他たくさんの方のご協力でこの合宿&トークイベントを開催することができました。

本当にありがとうございました。

この二日間での出会いや気づきが、少しでも皆さんの今後に何か役に立つ日がくるといいなと思っています。私自身も。
また、参加してくれた方の中には、登壇してくれた3名のように、「自分も起業する!」「何かやりたい!」と気持ちを動かされた方も多いと思います。それはとても良いことだし、主催した私も嬉しいです。ただ、濱野君もおっしゃっていたように、この3名のような生き方は稀です。みんながみんな起業する必要はないし、役割や適性はそれぞれ違います。この3名があまりにも最強でまぶしく映るかもしれませんが、3人ともこれまでの道のりは山あり谷あり、たくさんの葛藤や苦悩もしています。焦らず、ときにはじっくり考えることも必要かなと思うので、小さなことから始めていただければと思います。

この二日間での出会いや気づきから、小さくていいので少しでも皆さん自身の中にいい変化があったら嬉しいです。

また、今回参加できなかった方も含め、このレポートを最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

全国47都道府県を旅して回ったCOトラック。那須烏山にもお越しいただきありがとうございました!

会場となった「ほたるの里の古民家おおぎす」をバックに、COトラックの矢野さん・大堀さんと一緒にパチリ!ご満悦な私。

えのもと

投稿者の記事一覧

東京生まれ埼玉育ちの元OL。
栃木県那須烏山市 地域おこし協力隊の一人。
お米と猫と洋楽が好き。好きな海外バンドが来日すると弾丸で上京します。

関連記事

  1. 読み解き力UP!講座 インタビューの手法を用いて、語られる情報を…
  2. 【ツアーレポート】Local match camp ㏌ 那須烏山…
  3. 【交流会レポート】元鹿児島県地域おこし協力隊の映画監督、山下さん…
  4. 【ツアーレポート】拝啓 都会の皆様 ~田舎とゆるやかな関係を作り…
  5. まちづくりのキーマンは地元の床屋さん。 山あげ祭の存続と、まちの…
  6. 「人も作物も一緒。自ら育っていく環境を作る。」 有機農業と人を…
  7. Local match camp ㏌ 那須烏山 ~1泊2日の地域…
  8. 2年目隊員が語るローカルプロジェクトのリアル  ー 拝啓都会の皆…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。